読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAGEDY

脱退発表からどどどっと過ぎていって。

年末の歌番組の数々を噛みしめるように見ていました。

再認識する田口くんの存在。大きな体で踊るダンスが本当にかっこいい。

どの歌番組もみんなすごくかっこいいのに、どうしようもないくらい悲しくて。

4人で最後のパフォーマンス、とかテロップが出てるからふざけんな、って思いつつも

この感情をどうすればいいのか全わからなくて。

辛い、悔しい、悲しい、嫌だ、エンドレスでした。

 

年が明けて2016年。

亀梨和也さんは「怪盗山猫」に主演することになり、テレビ露出が増えていきました。

ファンとしては嬉しい限りです。毎日のように亀梨さんを見れる幸せ…

関西ではタメ旅は放送されていません…

しかしyoutubeで見たりしていました。

 

ベストアルバム「10Ks!」発売決定。

発売日はデビュー日の3月22日火曜日。ああもう…ほんまに好き。大好き。

同時にドームツアーが発表されました。絶対行く。何があっても行く。

3人での活動が次々と発表されてみるみるうちに4人の形が薄れていくのが悲しくもありましたが、そんなこと言ってられない。

私はKAT-TUNを守り続けるKAT-TUNが好きなんだ。

そこで初めて未来が見えた気がしました。

 

そして「TRAGEDY」披露に出たMステの翌日の2月13日

 

KAT-TUN充電発表」

 

なにを言っているの?しばらく整理ができなかった。

ふっと我に返った時、崩れ落ちるように泣いた。止まらない。

動画を見にいった。ひとつ救われたのは話してる3人が決して暗くなかったこと。

前向きで、解散ではない、後ろ向きな決断ではないと言ってくれたこと。

少し気持ちが軽くなったけど、悲しいことには変わりなくて。

記念すべき10周年という年にグループでの活動が見れなくなるなんて。

KAT-TUN3人揃ってる姿を見れなくなるなんて。

いったい誰が予想してただろう。

KAT-TUNのない世界なんて何が楽しいの?

全くわからない。ずっと見ていたい。あんなにかっこいい人達を見れないなんて世の中どうかしてる。

そこからの私はほんとうに世の中を腐った目でみていました。

くだらない、くだらない。

 

でもふっと我に返って、そうか。KAT-TUNがその決断をしたんならついていくしかない。一緒に乗り越えるしかない。
一瞬はそう思うのです。本当に一瞬。でもまた再び嫌だ嫌だ嫌だKAT-TUNのない世界を生きられるわけがないとひたすら思うのです。

 

V6さんの20周年記念を盛大にお祝いしているのをテレビで見ていました。
ベストアルバム発売、20周年記念コンサート、歌番組でのSPメドレー
全てが羨ましかった。
KAT-TUNもこんなふうにお祝いしてもらえるのかな、とすごく楽しみにしていた矢先のことでした。

 

ドームツアーは名古屋、大阪、東京それぞれ1公演ずつ申し込みました。(再び後々後悔することになるこの行為)

 

運良くすべて当選しました。滅多にしないガッツポーズをしました。

KAT-TUNに会える…その事実を噛みしめていました。

 

そして4人で最後のシングル「UNLOCK」が発売され、

少年倶楽部プレミアムが終わり、

 

2016年3月22日。KAT-TUNデビュー10周年。

その3日後、4人で最後のMステ出演。

その日は一日中ドキドキとワクワクが入り混じっていました。

番組中ずっとKAT-TUNタモリさんの後ろにいて、ずっとKAT-TUNを見れていたのがすごくすごく嬉しかったです。ありがとうございます。

くるかくるか、まだか…くるか?え…トリ…?

トリかも、とは思っていましたが本当にそうとは思っていなくて。

本当にこれで最後なんだと現実を突きつけられた感じでした。

 

KAT-TUNからの言葉。CM明けの曲披露。

「Real face」では亀梨さんがメンバーを、田口くんを見ながら歌っている場面があり、きゅうぅぅっとなりました。胸が。4人最後で歌う最後のステージを噛みしめているんだなあと。それはメンバーみんなそうでしたでしょうけど。

曲が終わり田口くんがスッといなくなり、それを見つめていた上田くんと亀梨さんの顔が切なかった。中丸くんは見れないんだろうな…と思いました。

 

「君のユメ ぼくのユメ」のイントロが流れる。

3人がそれぞれの道を歩いていき、歩いていった先にまた新たな道が生まれる、というストーリー。

ただじっと聴いていました。亀梨さんの力強い歌声に胸を打たれていました。

3人とも頑張れ…と強く思っていました。

けれど上田くんが目に涙を溜めているのを見た瞬間、だめでした。

それまで抑えていた涙がどどどっと流れました。

それからはちゃんと3人のステージを見たいのに涙で滲んで滲んで。

行き着いた先は桜が舞うとても温かそうで素敵な場所。

 

田口くんは3人のステージを見ていたかな。どう思ったかな。

何か響いているものがあればいいな。

 

そうして3月末に田口くん脱退。

KAT-TUNの新たな旅の始まりです。

予測できないプロローグ

09年には高校を卒業し、仕事を初めていて、

その頃ちょうど付き合い始めた彼氏がいて、KAT-TUNから離れていきつつありました。

今となってはその時の彼氏よりもKAT-TUNの方が何倍も何倍もかっこいい男達やのになぜ離れてしまったのか意味がわかりません。本当にわかりません。自分あほか。

ていうか彼氏いながらKAT-TUNを好きでい続けることがなぜできなかった?情けない。

でも変わらず歌番組に出る時は必ず録画していたし、ドラマも欠かさず見ていました。

 

そしてその頃、姉に勧められたエイジアエンジニアというヒップホップグループを好きになり、ライブやイベント、旅行などに行きよく遠征していました。

彼らの歌はすごくポジティブな曲ばかりで。元々ネガティブな私には受け入れ難い所もあったりしたのですが、そこは好きになったら一直線というものなんでしょう。

辛い時に彼らの曲を聴くと不思議と全てが明るく見えるようになるのです。

そして彼らのライブは本当に楽しませてくれるもので。あの前向きなパワーがそうさせてくれていたのでしょう。

私は本当にエイジアエンジニアというグループに生かされていました。

 

気付けば09年が過ぎて10年。

KAT-TUNから離れてた私の耳に入ったのは「赤西仁脱退」でした。

え…という気持ちとああやっぱりかという気持ちと半々でした。

どっちにしろ信じ難い現実でした。

 

12年にエイジアエンジニアが活動休止。

予想もしていない出来事に目の前が真っ暗になりました。

 

13年に「田中聖解雇」

ちょうど亀梨さんが「東京バンドワゴン」の番宣でスッキリに出るというのを知っていたので見ていたら数分間に渡り説明、謝罪。なぜこの人が謝らなければならないのか。亀梨さんならKAT-TUNのメンバーだからって言うんやろうけど。ばかみたいに泣いた。

 

09年から彼氏と続くこと5年。14年にお別れしました。

好意を持てなくなったのと日頃の不満が溜まってしまい辛くてどうしようもなくなり私から切り出しました。

 

そしてそれから少しずつKAT-TUNに戻りつつありましたが、

再び戻るきっかけになったのは有線で流れていた「KISS KISS KISS」でした。

発売前だったのですが、「なにこのメロディー…好き…エロそう…」

家に帰って即ポチでした。あの時の自分の行動は早かった…

ギリギリ発売前だったのでポスター付でした。ふー!

 

そこからは再びKAT-TUNにどっぷりです。

5年間買ってなかったCDを全部買い集め、DVDも全て集め、暇があればyoutubeで検索し、毎日ほくほくしながら聴いて、見て、聴いて、見て、
これこれこれ!!!楽しい!!!そんな感情が止まりませんでした。
しかしquarterは諦めてしまった自分。ほんまあほ。生きてる価値なし。人生やり直せ。

 

「靑い種子は太陽のなかにある」は行く事ができてよかった。

あんな大きな所で座長を務める亀梨さんが本当にかっこ良くて。素晴らしくて。

何度も涙が流れた。素敵な時間をありがとう。素敵な舞台をありがとう。

はあ本当にKAT-TUN素晴らしい。最高。神。
そんな日々が続き、唐突にきた、11月24日。

忘れもしない11月24日。

 

この日を本当に楽しみにしてて。仕事も頑張ることができた。

番組が始まってからも、いつかないつかなもうくるかな!なんてワクワクが止まらなかった。

出番がきて深刻そうな顔で出てきたからドキッとはした。

でもまさかそんな報告されるなんて思っていない。誰が予想できた?

涙が止まらなくて。曲が終わるまでずっと泣いていた。

録画したのを見直しても嘘じゃない。すべて現実で。

大がかりなドッキリなんじゃないかなって思ったけど、何回見ても田口くんが説明して。亀梨さんが震えながら謝っていて。中丸くんが唇を噛み締めていて、上田くんの真っ直ぐに前を見つめる眼差し。ファンの悲鳴。きっと一生忘れられない。

なんで?笑ってる顔が見たい。ずっとずっと笑っていてほしい。昔からそう思っているのに。

一番初めに思ったのは4人で並んでるのをもう見れなくなるんだってこと。

思ったけどそれってどういうことかわからなくて。理解できなくて。

それからずっと泣いて。毎日泣いて。少し気を緩めたら涙が溢れる、そんな日々が続いた。

 

KAT-TUNはなんだった?田口くんにとってのKAT-TUNってなんだった?田口くんにとってのファンってなんだった?

なぜKAT-TUNのことを第一に、なぜファンのことを第一に考えてくれない?
二回もメンバーが抜けていった経験をしてるのになぜまた同じ思いをメンバーにさせるの?
いつから辞めたいって思ってたの?そう思うとまた涙が止まらなくて。
KAT-TUNの中にいていつも大きい声で笑う田口くんが好きで。
あの笑い声だけでパアっと明るくなるから。
田口くんの笑い声が聞こえると安心する自分がどこかにいた。

楽しいんだ。よかった。そう思えた。

それがなくなるなんて。もう会えなくなるなんて。

こんな世界にしたのは誰?

 

支配される 指先まで

さて。KAT-TUNを好きになり、亀梨さんに堕ちたわけですが。

 

それからの亀梨さんはテレビ、CM、ライブ、舞台、ドラマ、そしてCDデビューと引っ張りだこでした。もちろんKAT-TUNもしかり。

この頃ちょうど私は高校受験があり、必死でKAT-TUNを追ってたつもりですが、記憶が曖昧です…。もともと記憶力があまり良くないもので…。

 

この頃に出たMステで歌った「青天の霹靂」が本当に好きで好きで何回見たことか…。

いまだに見たりしますが本当好きです。あのMステでのパフォーマンスが好きで。たまらない。たまらない。

 

変わらず亀梨さんが好きでしたが、大倉さんをかっこいいな…と思った時期もありました。そこまでハマりませんでしたが…あ、でも関ジャニのDVD買ったりしたな…でもやっぱり亀梨さんだと再認識するわけです。

 

野ブタで山下さんと共演してから、山下さんとの仲良しな場面を見ると嬉しくて嬉しくて。偉そうなこと言って申し訳ありませんが、修二と彰でCDデビューすることになって思うことはたくさんあっただろう。そんな中で亀梨さんを少しでも笑顔にしてくれてありがとうとよく思っていました。

 

今になってわかる。本当に多忙だったんだなあと。元々痩せてはいたものの、この頃はさらに痩せていってる気がして見ていて辛かった…。細いなあ…とよく思っていました。

 

本当にすごかった…。グループとしても個人としても本当にすごかった。

本当にかっこよかった。これがKAT-TUNだって見せつけられているみたいで。

これでデビューしてないなんて…デビューしたらどうなるの?とよく思ったりもした。

すごいだろう、なんて優越感に浸ったりもしました。誰に向けてとかではないですが、KAT-TUNはすごいんだという優越感。

 

そしてデビュー。
すみません。この辺りもはっきりと覚えてるわけではなくて。

せっかくのデビューなのに自分はどうかしてる。
デビュー会見したのもレギュラー番組も24時間TVも赤西さん留学もポツポツと覚えてはいるのですが、その頃自分がどんな気持ちでどんなことを思っていたかというのがいまいち思い出せなくて。ぽっかりと穴が開いてしまったような。

 

24時間TVの時頑張って起きてたな…とかずっと録画してたな…とか
赤西さん留学前のウタワラの「MIRACLE」で仁亀絡んでたな…とか
すべてが曖昧でこんな自分が情けないです。

 

赤西さん留学は、なんでこの時期、なんでなんでなんで、
そんな安易な言葉しか出てこなかったです。

赤西さんが留学した後に5人で出した「僕らの街で」を歌番組で歌った時の亀梨さんがすごく儚くて。
胸がきゅーっと締め付けられました。

 

あと亀梨さんの黒髪に弱くて。
果てしなく萌えていたのを覚えています。
だってひたすらかわいい。

 

そして2007年4月赤西さん復帰。
結構泣いたのを覚えています。この6人って本当に素晴らしい。そう思いました。

そして、やっぱり自分はこの二人が揃って隣にいるのが好きなんだと。
仁の横には亀。亀の横には仁。それって必然的なもので。ただそれだけでいい。
この二人が一緒に並んでるところを見れるならもうなんでもいい。なんて思っていました。

 

06年07年08年のライブには行けませんでした。
でも09年のBreak the Recordsに親友と行きました。
久しぶりのライブでのKAT-TUNは私が好きになったKAT-TUNでした。
あの空間にいれたことが本当に幸せでした。
1582を生で見れたぜ…!

 

一旦終わります。

はじめましての瞬間に

ぶろぐというものを何年かぶりに始めました。

きっかけはこの度「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY TOUR "10Ks!"」に参戦したからです。

名古屋、大阪、そして東京3日間参戦させていただきました。

感想を振り返るよりもまずはじめに私がKAT-TUNを好きになったきっかけを綴りたいと思います。

 

今から11年前。私は中学2年生でした。その時の私はw-inds.というダンスグループが好きでした。w-inds.と出会ったきっかけは忘れましたが、すごくすごく好きでした。w-inds.に生かされていました。

 

そんな私が2005年冬、小学校の時の同級生にライブに誘われました。そうKAT-TUNのライブに。

「チケット余ったから行かへん?」的な感じでした。その友達とも毎日頻繁に連絡を取っていたわけではなく、本当にたまたま私を誘っただけだったみたいで。

なぜその時w-inds.が好きだった私がKAT-TUNのライブに行こうと思ったのかは今となってはわかりません。誘われたから行こうかなあという感じだったのだと思います。

私のKAT-TUNに対する認識も「KAT-TUN?ああ、あのやんちゃそうなグループ。亀梨赤西はわかる。」ぐらいの認識でした。

いや、そこまで知っていたかも定かじゃありません。それでも

KAT-TUNというグループの存在は知っていました。Mステなどで見ていたので。

w-inds.の番組を録画したつもりが間違えてKAT-TUNが出てる少年倶楽部を録画していたなんてこともありました。

自分にすごく腹が立ったのを覚えています。すぐ消しました。(後々後悔することになるこの行為…)

 

そんな時に誘われたKAT-TUN Live 海賊帆。

この時の中学2年の私に言いたい。「このライブでKAT-TUNに真っ逆さまに堕ちますよ」と。

 

好きになるかも、なんて予兆はありませんでした。思いもしませんでした。

しかし始まってみれば「すごい、きらきらしてる…」「えっかっこいい…」「あれがジャニーズ…」このエンドレスです。

元々小学生の時から森田剛くんの大ファンだったこともあり、V6のコンサートやカミセンのコンサートにはよく行っていました。でもそれは小学生までの話で中学に上がってからはw-inds.が好きになりV6のコンサートには行かなくなりました。

今まで見てきたV6のコンサートもそれはそれは素晴らしいものでした。

(今思い返してみればw-inds.のライブに行ったことが無いということが判明致しました。なんてことだ)

 

あっっっという間のずきゅーんでした。

その時に誰々がかっこいいと一人に絞るわけではなく、KAT-TUNというグループがかっこいいんだ…と思って帰路につきました。

帰ってからはもう過去の映像やら音源などを漁り、毎週少年倶楽部を録画し、親友にSUMMARYのDVD借してもらい、毎日毎日私の部屋にはKAT-TUNが溢れかえっていました。

(この時に間違えて録画した少年倶楽部を消したことを頭抱えて後悔する)

人って好きなものにはこんなに必死になれるんだ…と思いました。

 

するとふと、「あっ…」となりました。

そうです。亀梨さんに堕ちたのです。

その頃はちょうど「ごくせん2」が始まる頃であり、赤西さんと亀梨さん二人でのテレビ出演をよく見かけるようになった頃でした。

細面、サラサラ髪、鋭い目、くしゃっと笑う顔…

何故今頃気付いたんでしょう。亀梨さんは私のドストラーーーイクでした。

親友に亀梨さんを好きになりました、と報告すると

「だから言ったやん!」みたいな事を言われました。

(その子は元々亀梨さんファンで、私は絶対亀梨さんを好きになると思っていたらしい。恐るべし親友)

 

ライブに連れて行ってもらった友達からは「聖やと思ってた」と言われました。

(ちょっとワル、な感じが森田剛くんぽかったので)

なるほど、と思いましたが少なからず亀梨さんからもワルな雰囲気は感じていたので自分の中で納得しました。

 

それからごくせんが始まってからはあっという間の亀梨さん赤西さん人気。

いやあ、今思い返してみてもすごかった。

学校では「竜派?隼人派?」は何回聞いた事か…。

親友は「ごく出ばっかりやん」とよく言っていました。懐かしいなあごく出…

まあ私もライブで堕ちたにしろ、ちょうどごくせんの時期だったのでごく出みたいなものです。

 

そこから私の亀梨さんの堕ちっぷりといったら。

KAT-TUNは他のメンバーももちろん好きでした。

でも亀梨さん赤西さんの圧倒的人気が凄すぎて、他のメンバー、一人一人をよく知ろうとしてなかったのも事実です。

私は仁亀寄り寄り寄りの亀担でした。

あの二人が本当に好きでした。

 

テレビ出演を隅から隅までチェックし、雑誌はほぼ全部買い、親友にドリボに連れて行ってもらい、(この時私はまだ中学生で、なけなしのお年玉と二週間に一回祖父に貰うお小遣いでやりくりしていました)

とても幸せでした。

アイドルを追っかけるというのはこんなに楽しいことだったなんて。

この頃にはもう私の頭の中にはすでにw-inds.はありませんでした。

もちろん今でも変わらずw-inds.が好きです。本当に救われました。

しかしそれをも覆うパワーでKAT-TUNに出逢ってしまったのです。

とんでもない人生の始まりです。

 

長々とすみません。つづきます。