読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRAGEDY

脱退発表からどどどっと過ぎていって。

年末の歌番組の数々を噛みしめるように見ていました。

再認識する田口くんの存在。大きな体で踊るダンスが本当にかっこいい。

どの歌番組もみんなすごくかっこいいのに、どうしようもないくらい悲しくて。

4人で最後のパフォーマンス、とかテロップが出てるからふざけんな、って思いつつも

この感情をどうすればいいのか全わからなくて。

辛い、悔しい、悲しい、嫌だ、エンドレスでした。

 

年が明けて2016年。

亀梨和也さんは「怪盗山猫」に主演することになり、テレビ露出が増えていきました。

ファンとしては嬉しい限りです。毎日のように亀梨さんを見れる幸せ…

関西ではタメ旅は放送されていません…

しかしyoutubeで見たりしていました。

 

ベストアルバム「10Ks!」発売決定。

発売日はデビュー日の3月22日火曜日。ああもう…ほんまに好き。大好き。

同時にドームツアーが発表されました。絶対行く。何があっても行く。

3人での活動が次々と発表されてみるみるうちに4人の形が薄れていくのが悲しくもありましたが、そんなこと言ってられない。

私はKAT-TUNを守り続けるKAT-TUNが好きなんだ。

そこで初めて未来が見えた気がしました。

 

そして「TRAGEDY」披露に出たMステの翌日の2月13日

 

KAT-TUN充電発表」

 

なにを言っているの?しばらく整理ができなかった。

ふっと我に返った時、崩れ落ちるように泣いた。止まらない。

動画を見にいった。ひとつ救われたのは話してる3人が決して暗くなかったこと。

前向きで、解散ではない、後ろ向きな決断ではないと言ってくれたこと。

少し気持ちが軽くなったけど、悲しいことには変わりなくて。

記念すべき10周年という年にグループでの活動が見れなくなるなんて。

KAT-TUN3人揃ってる姿を見れなくなるなんて。

いったい誰が予想してただろう。

KAT-TUNのない世界なんて何が楽しいの?

全くわからない。ずっと見ていたい。あんなにかっこいい人達を見れないなんて世の中どうかしてる。

そこからの私はほんとうに世の中を腐った目でみていました。

くだらない、くだらない。

 

でもふっと我に返って、そうか。KAT-TUNがその決断をしたんならついていくしかない。一緒に乗り越えるしかない。
一瞬はそう思うのです。本当に一瞬。でもまた再び嫌だ嫌だ嫌だKAT-TUNのない世界を生きられるわけがないとひたすら思うのです。

 

V6さんの20周年記念を盛大にお祝いしているのをテレビで見ていました。
ベストアルバム発売、20周年記念コンサート、歌番組でのSPメドレー
全てが羨ましかった。
KAT-TUNもこんなふうにお祝いしてもらえるのかな、とすごく楽しみにしていた矢先のことでした。

 

ドームツアーは名古屋、大阪、東京それぞれ1公演ずつ申し込みました。(再び後々後悔することになるこの行為)

 

運良くすべて当選しました。滅多にしないガッツポーズをしました。

KAT-TUNに会える…その事実を噛みしめていました。

 

そして4人で最後のシングル「UNLOCK」が発売され、

少年倶楽部プレミアムが終わり、

 

2016年3月22日。KAT-TUNデビュー10周年。

その3日後、4人で最後のMステ出演。

その日は一日中ドキドキとワクワクが入り混じっていました。

番組中ずっとKAT-TUNタモリさんの後ろにいて、ずっとKAT-TUNを見れていたのがすごくすごく嬉しかったです。ありがとうございます。

くるかくるか、まだか…くるか?え…トリ…?

トリかも、とは思っていましたが本当にそうとは思っていなくて。

本当にこれで最後なんだと現実を突きつけられた感じでした。

 

KAT-TUNからの言葉。CM明けの曲披露。

「Real face」では亀梨さんがメンバーを、田口くんを見ながら歌っている場面があり、きゅうぅぅっとなりました。胸が。4人最後で歌う最後のステージを噛みしめているんだなあと。それはメンバーみんなそうでしたでしょうけど。

曲が終わり田口くんがスッといなくなり、それを見つめていた上田くんと亀梨さんの顔が切なかった。中丸くんは見れないんだろうな…と思いました。

 

「君のユメ ぼくのユメ」のイントロが流れる。

3人がそれぞれの道を歩いていき、歩いていった先にまた新たな道が生まれる、というストーリー。

ただじっと聴いていました。亀梨さんの力強い歌声に胸を打たれていました。

3人とも頑張れ…と強く思っていました。

けれど上田くんが目に涙を溜めているのを見た瞬間、だめでした。

それまで抑えていた涙がどどどっと流れました。

それからはちゃんと3人のステージを見たいのに涙で滲んで滲んで。

行き着いた先は桜が舞うとても温かそうで素敵な場所。

 

田口くんは3人のステージを見ていたかな。どう思ったかな。

何か響いているものがあればいいな。

 

そうして3月末に田口くん脱退。

KAT-TUNの新たな旅の始まりです。